「わたしたちの墓じまい」で墓じまいしてみた感想と口コミ

墓じまいのタイミングと体験談

<自己紹介>みなさん、こんにちは。

福島県在住の、お得大好きな久美です。

このページでは、実家の母と相談して進めることにした、墓じまいについて、どのように取り組んだか?お母さんが何て言ったか?親戚の反応は?などについて書いています。

ちょっと長くなりましたが、最後までごゆっくりお読みください。

ちなみに、43歳、既婚、子供2人ありです。

一人娘ですが、埼玉の実家から、結婚して離れてしまい、福島に家を建てたので、実家に戻る予定もありません。

「私たちの墓じまい」で、墓じまいした経緯

私、43歳。一人娘。福島で夫と、娘2人と、夫の両親と二世帯住宅に同居。夫婦仲もよく、離婚の予定なし(いまのところ)

母、68歳。埼玉県坂戸市に在住。3年前に私の父である夫を亡くし、1人暮らし。まだまだ元気ではあるものの、膝が痛くてなかなか長距離を歩くのは難しい。

3年前に父を亡くしてしまいましたが、私自身は、実家が遠いのでお墓参りも年に一度、帰省した時に行けるだけ。

実家の母は68歳と高齢になってきたので、車の運転も自粛中。

車で行っていた墓地への墓参りが、バス&電車利用になり、ツラくなってきたところ。

その上、お墓がチョット坂道にあるので足腰が弱ってきたお母さんにはさらに、お墓参りへのハードルが高くなりつつあるんです。

私は一人娘だし、遠方在住だし、なかなか実家のお墓まで手が回らない。

そんなわけで、墓じまいを検討した次第です。

公式サイトはこちら>>>【わたしたちの墓じまい】

私がいろいろ検討して依頼した「わたしたちの墓じまい」体験レポートをご覧ください。




わたしたちの墓じまい が何をしてくれたのか?

  • 永代供養
  • 離壇
  • 行政手続き
  • お墓の撤去

の、4つです。

一つ一つを、別々に自分でやろうとすると、それぞれお金もかかるし、手間も、時間もものすごくかかるんです。

【わたしたちの墓じまい】に見積もり依頼を出す前に、じぶんでやればいいか!とおもって、ひとまずお寺に「離壇したい」と伝えたら50万円かかると言われて…びっくりしました。

なので、1個ずつどんなことをしたのか説明しますね。

永代供養(遺骨の移動先)を探す

現存するお墓にある遺骨をどこにうつしたいか?まずは母と一緒に検討しました。

私が死んだら、樹木葬にしてほしい。だけど、先祖のお墓は親戚の手前、自分で決められないから、親戚に聞いた結果、共同墓地がいいってことになったわよ。

え?お母さん、お父さんと一緒のお墓に入らないの??

あんたは知らないだろうけど、若い時いろいろあったのよ。お姑さんともねぇ…だからお父さんと一緒のお墓に入るつもりはないわ。私が死んだら、お参りも来なくていいからね。木が育つのがいいわよね~樹木葬って~♪

(なにがあった…?!でも、追及してもしょうがないから…)

了解、先祖+父は、共同墓地。お母さんは樹木葬ってことで。

母は先祖の墓に入らないことが決まったところで、今あるお墓を親族の意見を汲んで共同墓地にうつすことに決めました。

どんな共同墓地があるのか、≪わたしたちの墓じまい≫のスタッフさんに相談して、よく検討してから決定。

離壇の手続きをする

お墓を移動するということは、お寺にとっては、まあ…こんな言い方はよくないですが…「儲からなくなる」ということですよね。

なので、檀家を外れる際にはお寺とのトラブルになってしまうこともよくあるそうなんです。

私も実際に、自分でお寺さんに話した時には、高額の離壇料金を請求されたので、ちょっと自分でやるのは難しいと思いました。

今まで先祖代々、お世話になってきたお寺さんですので、関係の薄い私でも「お墓をよそにうつしたい」とは、話しにくかったです。

もちろん、母は、

嫁いで以来お世話になってきたご住職さんにそんなこと言えない…

ってしり込みしてました。

その辺の微妙なやり取りも、【わたしたちの墓じまい】のスタッフさんに相談。

どうやればスムーズに話が進むのか丁寧に教えてくれて、本当に気持ちが楽になったし、スムーズに進みました。

お墓を移動することに伴う行政手続きの書類作成

お墓、移動します⇒新しいところに移動。だけではダメなのです。

↓ 以下のような書類が必要になります。

改葬許可書:遺骨を別の場所に移動する際に必要な書類です。
受け入れ証明書:遺骨の移動先の墓地の管理者に発行してもらう書類
埋葬証明書:現在、遺骨がある場所の管理者に発行してもらう書類

私も遠方に住んでいるし、母は高齢だし、いろいろ書類をそろえるのは大変。

これもスタッフさんが代行して行ってくれたので、楽ちんでした。

慣れないことを調べながらやるのってホントに大変ですよね。それでなくても、日常生活で手がいっぱいなので…(;´Д`)

公式サイトはこちら>>>【わたしたちの墓じまい】

お墓の撤去

上の3つが解決した後にいよいよ、遺骨の撤去をして、それからお墓の撤去作業となります。

この墓石はお父さんがこだわっちゃって100万くらいしたのに~!あの時、墓じまいを知っていれば…

とお母さんが言ってましたが、今後また手入れをしながら遠方から私がお墓を維持していくことを考えたら、やっぱり墓じまいを決めてくれたお母さんに感謝です。

お父さんが生きてる間だったら、絶対できなかったわよ。こーゆーのはタイミングよね。

それはとにかく、周りの墓石と比べても平均的な墓石だったと思うのですが、3人のスタッフさんとクレーン車、2~4tトラックでの撤去作業だったそうです。

わたしたちの墓じまいのメリット、デメリット

✔  私たちの墓じまいのデメリット

打合せのできるショールームが、神奈川県藤沢市にしかない(わざわざ行くのは大変)

他の墓じまいの業者と比べて最安値ではない

✔  わたしたちの墓じまいのおすすめじゃない人

どうしても顔を合わせて打合せしたい遠方の方

内容より最安値での墓じまいを求めている方

✔  わたしたちの墓じまいのメリット

日本生命、夕刊フジ、イオンモールとセミナー・窓口の提携があり安心(住まいの近くで説明会が開催されている)

創業18年で全国で施工実績があり、評価が高い

✔ わたしたちの墓じまいをおすすめの人

「墓じまい」自体がいまいちわからないし、やるかわからないけど相談したい人

遠方在住でお墓に行けないけど、見積もりを依頼したい人

【わたしたちの墓じまい】のネット上の口コミ評判

≪ 悪い口コミ ≫

・他に安い業者があった。金額と内容の違いがよくわからないから、内容をよく検討したい。(56歳 女性)

・お墓が離島なのでいくらかかるのかちょっと不安。詳細を説明して、詳しい見積もりを取ろうと思っている。(61歳 男性)

≪ 良い口コミ ≫

・電話で無料見積もりを依頼した。今ある墓の状況を伝えると、これからどのように遺骨を管理していくかなど、知らなかったことも教えてもらえた。(69歳 女性)

・先祖代々のお墓の撤去に立ち会ったが、職人さんが丁寧に墓石や遺骨を扱ってくれていて安心できた。(72歳 男性)

墓じまいするにあたって比較・検討したもの

お母さんの

私はテレビで見た樹木葬がいいのよ~

との意見を受けて、既存のお墓とは別にお母さんのお墓を検討しましたので、なにかの参考になるかもしれないので一応書いときます。

供養も管理もすべてお寺にお任せの樹木葬【天空陵】です。↓



お母さんがいたく気に入っているこのお墓。

必要なものがすべて入って40万円。追加費用一切なし。

低価格だし、自分が気に入ったお墓を生前に申し込めるのがシニアにウケて、お墓の引っ越しをする人が増えてるみたい。

すでに申し込みしてあるから、何も心配いらないわよ~

はやっ!

 

永代供養も管理もすべてお寺がしてくれるし、気持ちのいい公園内に眠れるなんて、いいな、と思って。

管理費もないうえに永代供養だから安心でしょ。お墓参りなんて来なくてもいいわよ。

お墓参りに行くときは、温泉に行くついでに…くらいに楽しくいっている人が多いみたい。

新しいお墓の形が参考になるかもしれないので、樹木葬の天空陵、資料請求だけでもしてみるといいかもしれないですね。

わたしたちの墓じまいの総合評価

自分たちでさえ金銭面・かかる手間を考えると大変なお墓の管理を、子供や孫に負担させたくない
墓参りが大変になってきたから、もっと自宅近くで行きやすい場所に移したい
お墓をこの先任せられる子供がいない

こんな方には、わたしたちの墓じまいで、墓じまいを計画されるのがおすすめです。

この先お墓をどんな形にしたらいいのか?迷いますよね。

とりあえずどんな方法があるのか知りたいときには、お電話またはメールにてお問い合わせするのがいいですよ。

現在のお墓だけでなく終活支援で、これからのお墓の形も提案してくれるので、私の母のように樹木葬とか、散骨とか様々な形を考えることができます。

我が家も最初は電話して、よく話を聞いてから見積もりを依頼しました。

見積もりは無料ですので、何社かに問合せしてみるのがいいと思います。

私は、電話口での対応がとてもよかったし、見積もりもわかりやすくて良心価格だったことから、全国の墓じまい・永代供養・離檀・閉眼の格安サービスなら【わたしたちの墓じまい】に依頼することにしました。

全国どこでも施工はしてもらえますし、自分や親が元気なうちに無料見積もりを取ってみることで、お母さんの希望もはっきりして、それをかなえてあげられる形が整ったので良かったです。

無料相談、無料見積もりはこちらから

↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました